株式投資の本質。-お金でお金を稼ぐー複利とは

みなさまアインシュタインはご存じですか?

もちろん知ってますよね!20世紀最高の物理学者と呼ばれる歴史的偉人です。
「特殊相対性理論」という物理学普遍の原理を導き出した天才です。

ところで、その天才アインシュタインが
「人類最大の発明」
「宇宙で最も偉大な力」
と呼んだものは何かご存じでしょうか?
特殊相対性理論?いいえ違います。

答えは
「複利」
です。
またお決まりの「複利」の話かよ!って思われた人も居るかもしれませんね。笑
でも今回は、続きを用意したので少し我慢して最後まで読んでみてくださいね。

複利って何?複利とは。

「複利」を非常に簡単に言うと
利子にもまた利子がつくことを、「複利」と言います。

つまり、「お金でお金を生む力」これこそが複利の力です。
少し具体的に考えてみましょう。

100万円を年率5%で運用すると?

例えば100万円を年率5%で運用したと仮定します。
そうすると、一年後には100万円の5%なので、5万円増えて105万円手元のに残ることになりますね。

それでは2年後を考えてみましょう。
2年目は105万円を元手に運用することができるので、5%だと5.25万円増えることになります。
同じ割合で運用したとしても。1年間に増えるお金が2500円増えたことになりますね。

これが複利の力です。
え?それだけ?と持ったアナタ。複利の力を侮るなかれ。

3年目を考えてみます。
3年目は
元手が110.25万円ですね。
その3%は、5.5125円です。
1年目より、5000円以上多く増えることになりますね。

あれ?それだけ?
もちろん3年くらいではそう思いますよね。

じゃあ30年後を考えてみると?
100万円の元手が4116136円になります。

30年間5%複利で運用を続けていけば、100万円が400万円以上に膨らむことになります。
注目していただきたいのが次の2点。

  1. 10年目まではあまり差がつかない。
  2. 途中から急激に増加していく。

序盤はどんな貯め方をしていても大差はないのです。
しかしながら月日が経つにつれて、どんどん急激に差がついていってしまうのです。

どうでしょうか?複利の力を理解できてきましたか?
え?シチュエーションが理解しずらい?

それではもっと現実的なケースを考えてみましょう。

今はお金が無いけれど、頑張って月5万円積み立ててみる

現預金はほとんど無く、心機一転これから月5万円ずつ積み立てようとするAくんとBさん。
話を単純にするために、12カ月分、年間60万円ずつ積み立てるとしましょう。
Aくんはひたすらタンス預金。
Bくんは利回り5%で複利で運用しました。
それでは30年後どうなるのか?

当たり前ですがタンス預金のAくんは、60*30=1800万円貯まります。
しかし、きちんと運用してきたBくんの資産は約4200万円になっています。

これを見てどう思うでしょうか?
きちんと運用できたBくんは、コツコツ貯めたAくんの2倍以上に資産を増やせています。

これが「お金がお金を産む力」である「複利の力」です。

複利が史上最高の発見であり、複利はパフォーマンスを最大限に引き出します。

複利を体感してみよう!もっとも簡単なのが株式投資ですよ!

どうでしょうか?複利の力なんとなくでも理解していただけましたか?

複利の力は世の中の様々なところで効いてきます。
何もお金を増やすことだけではありません。広義で考えれば、生きていく上でお金より大切な、人脈、経験といったものも複利で増えるとも言えそうです。

ただし、一番分かりやすく体感でき、複利の力を最も活かせるのが株式投資です。
基本的に株式投資は、企業から配当金と呼ばれる利益分配金を得ることができます。それをまた投資に回すことによって、どんどん複利の力を活かしていくことができます。

株式投資は「お金がお金を生む力」「複利」を最も簡単に享受することができるでしょう。

株式投資の利回りって?投資の世界は結構良いものですよ

そもそも株式投資の利回りが低ければ、意味がありませんよね。

しかし、安心してください。世界の経済規模はなんだかんだ言いながら、年率3~4%以上の成長率を保っています。

また、私がメインとしている米国株の過去100年の利回りは、約8%と言われています。
次の100年も同じ、利回りが得られるかどうかは正直神様にしか分からないと思います。
しかし、たとえ今後100年の利回りが5%になってしまったとしても先ほど計算した程度のリターンは得ることができるのです。

おわりに

ここまで読んできていかがでしたでしょうか?

複利の力を良く理解しました!それなら嬉しいです。

しかしながら。うーん。腑に落ちない。

そう思ったあなたは非常に鋭い。

確かにこの計算には若干の穴がありますよね。

そう。そもそもの投資元本、資本力の差が考えられていません。

だってこの世は資本主義社会です。少し不都合な部分も考えていきましょう。

つづく。。。。

 

 

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA