ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)株の過去データ分析~今後の見通しー70ー

記念すべき70回目はユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)です。

 

スポンサーリンク

どんな会社??

ユナイテッド・テクノロジーズは、航空宇宙産業向けにハイテク製品を提供している企業です。民間・軍用機エンジン、ガスタービン、航空機製品、産業用ポンプ、空気圧縮機、軍用・民間ヘリコプターなどが主要商品となっています。
ハイテク機器以外には、建物向けの商品、例えばエレベーター、エスカレーター、家庭・業務用冷暖房空調機器、冷凍・冷蔵車を製造しています。そのほかにも、セキュリティーシステム、火災探知器、消火システムなどを複合的に手掛けています。

 

現在の株価データ

2018/04/19時点で、125.81$。perは19.3です。

配当利回りは2.23%。

また、S&P格付けはA-であり、Watch Neg(暫定ではあるが悲観的)です。
全体的にぼちぼちのperと格付け、配当ですね。

株式指標の推移

株価の長期チャート

※画像はyahoo finaceより

非常に長期にわたって、株価は右肩上がりを続けています。
水色のS&P500と比較しても、近年は上回るパフォーマンスを示しています。

一般消費財銘柄の比較・検討! JNJ・PG・ULディフェンシブ銘柄買うならどの銘柄??

 

総売上高

リーマンショックを機に売上高は激減しました。
その後徐々に回復してきており、ようやくリーマンショック前の水準に戻ってきました。

 

1株あたりの利益(EPS)

売上高はかなりムラがありますが、利益はそれなりに安定しています。
リーマンショックの際の落ち込みもそれほど大きくありません。
ただ、単調増加できている訳でもありません。なんとも言えない推移です。

 

自己資本利益率(ROE)

ROEは経営の上手さを示す指標と言われています。日本株の平均が8%程度、米国株が12%程度といわれます。

安定して20%程度をキープしていましたが、近年は低下傾向です。
あまりよろしい流れではありませんね。マイナスポイントだと思います。再び、20%程度まで戻してほしいですね。

1株あたり純資産(BPS)

資産の積み上がりはおおむね順調です。
近年は頭打ちとなっています。

 

フリーキャッシュフロー

企業が自由に使えるお金がフリーキャッシュフローです。
こちらは順調という訳ではないですね。
年によってムラはありますが、やや減少傾向になっていると言えそうです。

 

配当の推移

近年は積極的に増配中です。
ですが現在の配当利回りは2.2%程度と、それなりの水準です。

配当利回りはそれほどではないですが、増配が続いているのは良いことですね。
連続増配は23年となっています。

 

まとめ

世界最大級の産業用ハイテク機器メーカー、ユナイテッド・テクノロジー(UTX)の分析でした。

可もなく不可もなくというのが正直な感想です。
ただ、ダウ優良工業株30選にも選ばれており、歴史のある優良企業なのは間違いないと思います。
また、連続増配が20年以上と長めなことも評価ポイントですね。

扱っている商品は夢があるものが多いですが、この銘柄を買うならダウ優良工業株のインデックスでもいいかなとおもいました。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA