ユニリーバ(UL)株の過去データ分析~今後の見通しー17ー

 

第17回はユニリーバ(UL)です。

 

スポンサーリンク

どんな会社??

分析シリーズはじめての米国以外の会社です。ADR(米国預託証券)として、米国市場にも上場しており、日本の証券会社からでもドル建てで投資することができます。
ちなみにイギリス株は現地源泉徴収が0%なので、NISA銘柄として非常に優秀です。

ユニリーバはイギリスの大手一般消費財メーカーです。「一般消費財」とは、食品やお風呂用品、パーソナルケア製品など、主に家庭で消費される日用品全般のことを指します。
同社はそれら一般消費財を世界190カ国以上で販売しています。

日本でも有名なブランドとしては、「リプトン」や「ラックス」、「ダヴ」などでしょうか。
他にも「クノール」「ドメスト」「clear」など400種類以上のブランドを保持しています。

また、一般消費財メーカーの中でも特に世界進出に積極的で、アジア、アフリカ、中東欧、南米の新興市場などでの活動も行っているようです。
本社所在地はロンドンです。日本では、「ユニリーバ・ジャパン」として企業活動を行っています。

 

現在の株価データ

2017/12/04時点で、55.86$。perは23.2倍です。

配当利回りは2.80%。

また、S&P格付けはA+であり、Stable(安定的)です。格付けは2000年からずっと変更されていません。長年にわたりA+という優良格付けを得ていることは、評価できますね!

 

株式指標の推移

株価の長期チャート

※画像はgoogle finaceより

1993年~1994年にかけて大暴落をしています。
これはおそらくですが、ポンド危機に起因するものです。世界的に有名な投資家であるジョージソロスらによる空売りにより、ポンドはこの期間中に大暴落となりました。その影響でユニリーバの株価も大きく下げています。
結果論ですが、後から見れば大きな買い場でしたね。生まれてすらいませんでしたが。笑

それ以降はリーマンショックなどでの一時的な下落はありますが、安定的に株価は成長しています。
そして近年は特に株価の伸びが強烈です。
これは、2017年初頭にクラフトハインツ(KHC)による16兆円にものぼる買収提案を受けたことがきっかけとなっています。ユニリーバはこの提案を拒否し、既存株主の価値を高めることを宣言しています。これが買い材料となって株価の急伸に繋がっています。

 

総売上高

安定的に増加していますね。
世界190以上の国と地域に分散してビジネスをしているので、非常に安定しています。
多角化の成功例ですね。

ジョンソン・アンド・ジョンソン(JNJ)株の過去のデータ分析~今後の予想見通し

プロクター&ギャンブル(PG)株の過去データ分析~今後の見通し

 

1株あたりの利益(EPS)

利益の推移もほぼ売上高と同様です。
こちらも非常に安定しており、良い株の香りがぷんぷんしますね。
リーマンショックもほとんど影響を受けていません。素晴らしい!

 

自己資本利益率(ROE)

ROEは経営の上手さを示す指標と言われています。日本株の平均が8%程度、米国株が12%程度といわれます。
ちなみにイギリス株式のROEの平均は中間の、約10%程度と言われています。

その中でこの水準はどうですか!?笑
あまりにも強すぎるレベルです。今まで見てきた企業の中では、たぶんナンバーワンだと思います。
素晴らしいの一言。

 

1株あたり純資産(BPS)

ほぼ横ばいで安定しています。

良いんですが、伸びていてくれたらなと贅沢にも考えてしまいますね。

 

フリーキャッシュフロー

企業が自由に使えるお金がフリーキャッシュフローです。
近年は増加傾向です。文句はないです。

 

配当の推移

こちらも順調に増配です。

長期間の連続増配ではありませんが、近年は買収提案を受けて株主還元の姿勢を強めていますし、今後に期待したいですね。

 

まとめ

世界最大級の一般消費財メーカーのUnilever(UL)の分析でした。

指標としては申し分ないと感じました。
P&Gやジョンソンアンドジョンソンなどと比較しても、まったく遜色ないどころかより良いようにも思いました。

そしてNISAならば無税になるというメリットもあります。(ADR手数料が必要。マネックス証券の場合は年2回、0.15$程度。)
欲しい。というか買い増ししたいです。笑

2017年12月現在、株価上昇のあおりを受け、配当利回りの下落やperの上昇が見られます。
少しでも押し目があれば積極的に買っていきたいと考えています。今後の主力銘柄候補としたいと思います。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA