ノバルティス(NVS)株の過去データ分析~今後の見通しー53ー

第53回はノバルティス(NVS)です。
非常に珍しいスイスのADR銘柄です。

スポンサーリンク

どんな会社??

ノバルティスはスイスの大手医薬品およびバイオテクノロジー企業です。
非常に広範な領域で、処方薬の研究、開発、生産、販売を展開しています。また新薬だけでなく、ジェネリック医薬品の開発、生産、販売に加え、コンタクトレンズや洗浄液などの一般向け製品も取り扱っています。
製品は約180カ国で販売されているそうです。

 

現在の株価データ

2018/03/07時点で、81.53$。perは24.9です。

配当利回りは6.98%。

また、S&P格付けはAAーであり、Stable(安定的)です。
格付けはなかなかに高い水準だと言えそうです。
また非常に高配当ですね。7%近くに迫っています。

 

株式指標の推移

株価の長期チャート

※画像はgoogle finaceより

今回から、必要に応じてS&Pなどのベンチマークもあわせて表示することにしました。
青が、個別銘柄AVSのチャートで、赤線がS&P500の推移です。

長期間にわたってS&Pのパフォーマンスを上回ることができています。
非常に素晴らしいですね。この銘柄単独で見ても、申し分ない値動きだと思います。

 

総売上高

近年はいよいよ頭打ちになっています。
製薬業界は、ファイザーなどの巨大企業同士の争いが非常に熾烈であり、売上を順調に伸ばしていくことは生半可なことではありません。

 

1株あたりの利益(EPS)

売上は頭打ちしている感じでしたが、利益も同じように頭打ちしています。
経営効率の改善などで、もう一層の伸びを期待したいところ。

 

自己資本利益率(ROE)

ROEは経営の上手さを示す指標と言われています。日本株の平均が8%程度、米国株が12%程度といわれます。

スイス株の平均は分かりませんが、ノバルティスは平均して12~13%といったところでしょうか。
それほど高くありませんね。また競合他社であるファイザーなどとも比較していきたいと思います。

巨大老舗医薬品メーカーファイザー株の過去データ分析!

 

1株あたり純資産(BPS)

資産の積み上がりは落ち着いていながらも、順調と言えそうです。
非常に高配当ですし、資本も毀損していないので合格ですね。

 

フリーキャッシュフロー

企業が自由に使えるお金がフリーキャッシュフローです。
伸びてはいませんが、これもまずまず順調です。

 

配当の推移

連続増配というわけではありませんが、それなりに順調に増配できていると思います。
しかしながら現状で配当利回りが7%程度と非常に高配当であり、配当性向は90%を超過しています。
これ以上の増配は望むことは難しそうです。もう利回りは十分ですが。

 

まとめ

世界最大級の製薬企業、ノバルティス(NVS)の分析でした。

製薬業界特有の激しいシェア争いに巻き込まれていますので、売上、利益ともに大きな伸びはありません。

しかしながら配当は非常にしっかり出しており、株主還元には積極的です。
それでいて、創業からこれまでS&Pの指標を常に上回り続けているのは見事だと思います。
もちろん新薬の開発などに失敗すれば経営は一気に傾く恐れがありますが、現状非常に多岐にわたる分野で成功を収めており、そのリスクはそれほど大きくはないかと考えています。

ファーザー(PFE)も注目していましたが、こちらも監視していきたいですね。
また、比較記事もUPしたいと思います。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA